15歳、最初で最後の恋

15歳、最初で最後の恋

それは私が高校生になったばかりの15歳の頃でした。
まだ携帯電話をみんなが持っているわけでもなく、インターネットをやっている友達は周りでもごくわずかでした。
部活もせず、学校が終わるとすぐ家に帰って引きこもりがちだった私は、自分のホームページを作って掲示板を設置し、学校の友達とやり取りしたりしていました。
女子校に通っていたので出会いに飢えていた私たちは、どの掲示板や出会い系サイトでどこどこの高校の人に出会えた、など情報交換をしていたのですが、
そんな中、無料で使える、あるサイトを友達が教えてくれたのでした。
掲示板上にメッセージを残すことができ、それを年齢や居住地などで絞り込んで相手を探すことのできるサイトで、
有名なサイトの中にある出会い系機能のようなものであったのもあり、なんの抵抗もなく利用し始めることにしたのでした。
利用者が多かったのか、近所に住んでいる人ともよく出会うことができ、何人かは実際に会って遊んだりもしていました。
そんな中、ある冬の日、また同じようにちょっと年上の28歳のアパレル系勤務の男性と知り合いになりました。
彼は私をよく笑わせてくれ、しかも包容力もあり、そしてエッチもとても上手でした。笑
しかもアパレル系というだけあってオシャレで、私の好きな服のブランドとも取り引きがあるとかで、
何回か会って仲良くなるうちに洋服をくれるようになったりもしていました。
今まで彼氏と呼べるような人と付き合ったことのなかった私だったのですが、この時初めて男性のことが好きになっていたのです。
彼はすごく女の子にモテそうな人だったので、なかなか付き合って、とは言い出せなかったし、本当は毎週デートしたかったけれど、月1回で我慢してました。
そんなこんなで過ぎていた夏休みのある日、私はひょんなことで両親と大喧嘩をしてしました。
「この携帯はなんなの?!誰に買ってもらったの?!!!」

私は彼氏と連絡をとるために携帯電話を買ってもらっていたのです。
両親に問いつめられ、その時は逃げるしか思いつかず、夏休みだったのもあり、隙を見てプチ家出をしたのでした。
結局1週間後には見つかってしまったのですが、彼氏の存在がバレてしまい、年齢もちょっと上だったのもあり、両親は大反対。
まだ15歳だった私と彼とは、都の条例で関係を禁止されていたのもあり、次の冬には無理矢理引き離されてしまったのです。
それ以来自分から人を好きになることができず、あの時の彼は今なにをしているのか、連絡の取りようもないのですが、とても悲しい思い出です。
【東京都|20代|女|会社員】